NEWS

淺川眞來・朗読劇「命のバトン」出演決定

2021.01.29

INFOLIVE

<朗読劇「命のバトン」 公演概要>

日程:2021 年 2 月 18 日(木)~21 日(日)
会場:労音大久保会館 R’s アートコート
脚本・演出:池畑暢平
プロデューサー:舟橋清美
エグゼクティブプロデューサー:嶋田豪
主催:株式会社アイエス・フィールド
出演者:淺川眞來 KOHEY(BUZZ-ER.(ブザー)杉江優篤 橋本真一 平井亜門 平山大 深澤大河 内木志 中村繁之
※今回全出演者を A・B の 2 チーム(一部ダブルキャスト)に分けて再演となります。 
※淺川眞來はAチームに出演、主演となります。


■スケジュール詳細
2 月 18 日(木) 18:30 A チーム(淺川眞來出演)
2 月 19 日(金) 18:30 B チーム
2 月 20 日(土) 12:00/15:00/18:00 A チーム(淺川眞來出演)
2 月 21 日(日) 12:00/15:00/18:00 B チーム
※開場時間は、開演 45 分前を予定
※【A チーム】【B チーム】のチーム編成は公式サイトまたは SNS にてご確認ください。

■公式サイト
https://inochinobaton.themedia.jp/

■ツイッター
https://twitter.com/InochinobatonR

■インスタグラム
https://www.instagram.com/isf_stage/


■チケット
2 月 3 日 19 時開始
一般発売のみ 5,500 円
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=60209


■ストーリー
時は 1988 年、韓国で開かれるソウルオリンピックを間近にして最高の盛り上がりを見せて
いた。 そんなある時、学生時代の友人・小林に呼び出された主人公の英雄。そして同級生
の花村、山口。 学生時代に部活で陸上をしていた4人は、小林の提案で韓国にオリンピッ
クを観に行くことになった。 出発当日、空港に向かう電車の中。昔話に花を咲かせていた
4人だったが、英雄の体調が急変する。友人たちの心配を押し切り、空港に向かう英雄だっ
た・・・が、英雄が次に目を開けると、そこは病院のベッドの上だった。 そしてそこで友
人から初めて聞いた「看取り士」という言葉・・・。
15 年後。英雄は実家を離れて、東京で居酒屋を立ち上げた。場所は東京でも人気の恵比寿。
オープン当初は順調に売上げを伸ばしていたが、しばらくすると客足は途絶え、赤字続きの
借金生活。これ以上続けられるかどうかの瀬戸際に立たされていた。
そんな時に父親・和彦の病気が発覚。急いで実家に帰る英雄であったが、和彦にすげなく追
い返されてしまう。和彦には、すい臓がんで余命半年という診断が下っていた。 片親で育
った英雄はお店を続けるか、親の元で暮らすか、苦渋の選択を迫られていた。和彦から「看
取り士さんに後の事を頼んだ」と言われ、更に訳が分からなくなる英雄。英雄の選択、和彦
の決断・・・そして実際に看取り士と会った英雄は・・・?